くじら通信 ロゴ
くじら通信トップ

[2008.7] Update
この時期の悩みといえば
ペットの臭い、気になりませんか?
すっきりとしないジメジメとした気候が続きますが、皆さんペットの“臭い”が気になりませんか?シャンプーをしたくても、雨が続くとなかなかできなくて、臭いも強くなってくると思います。そんな時のお手入れについて紹介します。
 
タオルで拭く
特に顔の周りは意外と臭いの原因がたくさんあります。固く絞ったタオルでやさしく拭いてあげてください。シーズーやパグなどの短頭種は鼻のしわの間に汚れがたまることもあるので、指を入れて拭きます。また、口周りも食べ物がついて汚れやすいです。短毛の子は全身蒸しタオルで拭いてあげるだけでもだいぶ汚れが落ちます。
ブラッシング・トリミング
できれば毎日のお手入れとしてあげられるのが理想的です。耳の後ろ、脇、お尻周りは毛玉ができやすいので、注意深く見てください。毛玉ができていたら、無理にひっぱらず、少しずつブラシでほぐすかバリカンでカットします。
長毛の子はお手入れしやすいよう、カットしてあげましょう。ただし、被毛は直射日光を遮る役目もしているので短くしすぎないよう注意してください。
ドライシャンプー
水を使わずシャンプーできるパウダータイプ、フォームタイプがあります。ドライヤーの必要もないので音が苦手な子も安心です。合わないこともあるのでアレルギー体質やデリケートな子は使用前に獣医師に相談してください。
 
消臭グッズ

様々なタイプの商品があります。消臭加工されたクッション、消臭スプレー、置き型消臭剤など。それぞれのワンニャン、ご家庭に合うものを見つけてみてください。香りをつける芳香タイプの商品も多いですが、人より臭いに敏感な動物には刺激が強いこともあります。

 
外耳炎や歯周病が原因で臭いがすることもあります。なにかいつもと違うなと思ったら、お耳やお口も覗いてみてください。すっきり晴れた日にはシャンプーもしてあげたいですね。これから皮膚のトラブルが多いシーズンが始まります。シャンプーも様々なタイプがあるので、皮膚の状態に合った動物用のシャンプーを使ってください。
 
くじら通信トップへ | このページのトップへ