くじら通信 ロゴ
くじら通信トップ

[2008.9] Update
準備はお済みですか?

9月1日は「防災の日」

9月1日は“防災の日”。各地で避難訓練が行われたようです。近年、地震や大雨などの自然災害が多く、今年の夏も豪雨によって多くの人が影響を受けたようです。いつ都留が被災地になってもおかしくありません。人の準備はもちろん、大切なワンコ、ニャンコの準備はお済みですか?
 
水・食料
まずは生命の維持に必要な食べ物ですね。都留は水が豊富ですが、災害時にはペットの分までは配給されません。体格に合わせてペットボトルを用意しましょう。フードは日持ちするドライタイプのほうが望ましいですが、特にニャンコは好みがあるのでお気に入りのフードを未開封で常備しておくと良いようです。
 
迷子札・鑑札
災害でパニックになり、脱走してしまうペットもいます。名前と連絡先を記入した札を付けておくといざと言う時役に立ちます。ワンコは狂犬病の鑑札に記載されている番号で固体識別ができます。また、マイクロチップを入れておくと確実に飼い主を見つけることができます。
 
キャリーバック・リード・首輪
万が一、自宅に住めなくなってしまったとき、落ち着いて過ごすことができて中で一周できるくらいの大きさにキャリーバックがあると便利です。布製のバックではなく、プラスチックのしっかりしたタイプの方が向いています。普段からキャリーバックでご飯を食べるなど、入ることに慣れておくといいでしょう。ニャンコには窮屈かもしれませんが、ハーネスやリードもあると役立ちます。抜けないようにサイズを合わせておきましょう。
 
トイレグッズ
災害時こそ、飼い主さんの排泄マナーが問題になってきます。公衆衛生面からも、ペットシーツやウンチ袋できちんと処理ができるよう、準備をしておきましょう。
 
毛布、靴下
怪我をしてしまったときや防寒に、体をすっぽり包めるくらいの大きさがあると良いようです。パッドを傷つけないように靴下も販売されています。
 
怪我をしてしまったり、急な環境の変化に体調を崩す子もいるでしょう。人と同じように伝染病も心配です。特に持病を持っている子は普段食べているフードやお薬がかかりつけ以外の病院へ行っても分かるように健康手帳を持っていると治療にも役立ちます。
 
くじら通信トップへ | このページのトップへ